Menu
 

TVerのCMソングの歌が格好良い。多すぎる&しつこいとの声もあるが歌手は誰なのか?

2020 6/06
TVerのCMソングの歌が格好良い。多すぎる&しつこいとの声もあるが歌手は誰なのか?
 

今回はTVerのCMソングの歌が格好良すぎると話題!!一体だれが歌っているのか?そちらについてチェックしていきたいと思います。

TVerとは、過去に放送した番組をパソコンやスマホなどで視聴できる動画配信サービス。
以前から、多すぎる&しつこいとの声もあるTVerのCMですが…一部の方々からはさまざまな意見が。

こちらのCMは男性編女性編になっています。
どちらも片手に手羽を持ち、日常を過ごしていく…。そんな気になるCMの詳細を、紹介していこうと思います。

目次

TVerのCM「あなたのスキマにそっと」篇が話題に

「やわらかな~記憶が~♪」と一発目でダイレクトに響く歌声。

女性編では、バス停に並びながら・お風呂の中・公園のベンチ・ベットの上で手羽をもって感情的に。

男性編では、バスの中・公園のベンチ・ラーメンを食べながら・帰宅中・ベッドの上で片手に手羽。

そして女性編男性編どちらも、最後は笑顔でスマホでTVerを見ているという流れのCMです。
これは、片手で楽しめる・飽きがこない・名前の近似性ということで、「手羽」と「TVer」をかけた作品だそう。
お父さんが思いつくようなダジャレですが、最近のCMにはない、シンプルでわかりやすい内容です。

TVerのCMソングの歌はオリジナルソング

TVerのCMソングの歌は、完全オリジナルソングとなっています。その歌詞がこちら↓

柔らかな記憶が私を苦しめる はかない日々はそれでも繰り返す
優しい言葉はさまよって消えてく 明日の光がそれでもやってくる

レトロな曲調にあわせて、ココロにじわっと染みてくるような歌詞ですね。
力強い素敵な歌声とともにふとノスタルジックな気持ちになります。

TVerのCMソングの歌手は野村太一

こちらのCMソングを歌っているのは「野村太一」さん。

野村太一さんは、ガレージ・ロック・ジャズなど様々な要素を楽曲に取り入れ独自の世界観をもっているバンド「YellowStuds」略して「イエスタ」のリーダー兼キーボード/ボーカルです。
男らしい歌声に、シンプルな曲調。どこか哀愁漂う野村太一さんの雰囲気にぴったりです。

「YellowStuds」は、2003年から活動している無所属のインディーズバンド。
公式Twitter→https://twitter.com/yellowstuds_stf

野村太一さんは、TVerのCM「あなたのスキマにそっと…男女篇」の他にも

・キリンチャレンジカップ TVCM「新しい応援篇」
・【丸美屋×テーマパークガール】釜めしの素WEB限定CM「釜めしフェアリー」篇
・岡三証券 CM ナレーション
・大塚食品 MATCH SET POSITION『帰宅部のエース』募集キャンペーン 歌
・特別支援学校 若葉高等学園 校歌「若葉萌ゆる」 作詞・作曲:野村太一
・「Ike☆ブクロのジョニー!」テーマソング 作曲・歌:野村太一

などなど…。バンド活動をしつつ、作詞作曲やほかのCM曲まで手掛けています!

TVerのCMが多すぎる&しつこいとの声もあるが…

TVerのCMが多すぎる・しつこいという意見もたくさんあります。2本連続で流れ、しかもスキップできない…

そしてそのCMで使用されているネタ。

「手羽。」

「じゃなくてTVer。」

「手羽。じゃなくてTver。」。この親父ギャグのような内容が鼻につく方が多いのでしょうか…?

ですが、一部の方々からはこんな声が!!

見事に、TVerのマーケティングにハマっています!!

CMというのは、好感をもたせることも大事ですがなによりも認知度を上げるためのものです。
今回のこのCMに関しては、不評な意見も少しはありますが、視聴者にきちんと認知されていますよね!

手羽を見たら「TVer」という発想になっている方もいるのでは??

まとめ

今回は、TVerのCMソングのカッコよさについてまとめさせていただきました!

数十秒の短い時間で、いかに相手に認知してもらうか。そこがCMをつくるうえで一番の難しいポイントです。

このCMでは、ココロに染みる歌声とともに、一体なんのCMなんだと気になってしまい、結果親父ギャグだったというなんだかふふっと笑ってしまうような面白いオチが、見事に視聴者への意識が認知に変わっていったのだと思います。

TVerを見ながら手羽を食べる時間も、いいのではないでしょうか^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事の感想はこちらから

コメントする



トワタリ編集部

「towatari(トワタリ)」は20代の編集部が等身大で情報を発信するWEBマガジン。10〜20代のティーン世代を中心に、世の中の若者たちがふと疑問に感じたことを解決するためにコンテンツを配信しています。ごゆっくりお楽しみください!



目次
閉じる