Menu
 

Rin音「snow jam」ファーストテイク海外の反応&ファンの反応まとめ。MステとW出演の新世代ラッパーが話題に。

2020 6/19
Rin音「snow jam」ファーストテイク海外の反応&ファンの反応まとめ。MステとW出演の新世代ラッパーが話題に。
 

THE FIRST TAKE。

「一発撮りのパフォーマンスをすること」それ以外のルールは何一つない、アーティストの存在そのものにフォーカスしたYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE(ファーストテイク)」はもう誰もが知っている企画でしょう。

2019年11月に運営が開始されてから数多くの著名なアーティストが参加し、一発撮りの緊張感あふれたパフォーマンスに魅了されたユーザーも多く、わずか数ヶ月でチャンネル登録者数は120万人を超えるほどに

今回はそんなファーストテイクがコロナ自粛の影響を受けて始めた企画「THE HOME TAKE(ホームテイク)」に次世代ラッパーのRin音さんが「snow jam」で参加したということで、海外の反応を中心にチェックしていきたいと思います。

目次

Rin音が「snow jam」でファーストテイク&MステにW出演。

ということで今回取り上げていくのが、こちらのRin音さんの「snow jam / THE HOME TAKE」。前述したようにTHE HOME TAKEはファーストテイクがコロナ自粛期間中に始めた企画です。

いま、家の中から届けられる音楽を。

このコンセプトのもとアーティストの自宅やプライベートスタジオから一発撮りを届ける企画で、今回は次世代ラッパーとして注目を集めているRin音さんが出演しました。

しかもRin音さんは上記の動画がファーストテイクで公開された同日の2020年6月19日にミュージックステーションでも「snow jam」を披露しており、流石ファーストテイクはソニーが運営しているというだけあってなかなか粋な計らい。

そうして注目を集めているRin音さんは福岡県宗像市出身、1998年生まれのいわゆる「新世代」のラッパー

2020年1月22日にリリースしたファーストEP「film drip」、そして2020年2月19日にリリースした新曲「snow jam」が若者を中心に多くのリスナーの胸を打ち、キャリアの少なさや年齢の若さなど規定の枠を飛び越えて一躍「次世代を担う注目ラッパー」として名を上げていきました。

今回Mステとファーストテイクで披露した「snow jam」は自身初のウィンターソングとしても知られていますが、梅雨の雨が滴る6月の季節にもぴったりで趣のある楽曲で、今回の露出を通じてRin音さんのファンになったという方も多いのではないでしょうか。

Rin音「snow jam」ファーストテイクに対する海外の反応

と、そうして話題を呼んでいるRin音さんの「snow jam」ですが、ファーストテイクのYouTubeチャンネルは日本だけでなく海外のリスナーが多いことでも知られています。

特にLiSAさんが「紅蓮華」を披露した際には「鬼滅の刃」のファンを中心に、日本・海外問わずとても大きな反響が生まれている様子がコメント欄などからも見受けられました。

今回のRin音さんの「snow jam」に対しても、

Looking forward to the new premier
新しいプレミア公開が楽しみだ。

といったコメントがプレミア公開前に寄せられているなど、ファーストテイクに招かれた新進気鋭のラッパーに注目が集まっている様子でした。

その他にもファーストテイクでのRin音さんの姿に対して、こんな海外の反応も見受けられました。

日本のラッパーもとてもすごい

初めて聴いたがとてもリリックが魅力的な曲で好きだ

Rinneという名前がオシャレでナイスだな

彼が大学生だということを知って驚いている

ファーストテイクは日本の素敵なアーティストをたくさん教えてくれる

なんてメロウで美しい歌声なんだ…

Rin音「snow jam」ファーストテイクに対する日本のファンの反応

海外はもちろんRin音さんは日本人のファンも数知れず、今回のファーストテイクでの起用に対しても喜びと感動のコメントが寄せられていました。

マジでfirst take 選曲が神ってる

これ1発撮りで聴けるのめちゃくちゃ嬉しいな

これは1000万回再生余裕で超えるな! なぁ、お前らもそう思うだろ!!!!

選曲が神なのはもう当たり前だけどサムネも毎回良いんだよな~

タイミング神すぎる 最近この曲知ってどハマりしたところにこれって最高🎉

秋山黄色さんと言い、Rin音さんと言い、YouTubeで出会えた人が沢山。 first takeも誰かの出会いの場になってると思うと感慨深いですね…

FIRST TAKEは信頼できる 本当に旬なアーティスト押さえてる

え、このチャンネルは僕のプレイリスト見て曲選んでくれてるのですか?

Rin音、好きな人とよく聞いてたなぁ、、、思いを告げずにお互いの進路に進んでしまったことを本当に後悔してる。思いを留めて後で後悔するよりも思いを打ち明けて後悔する方が何倍もまし。高校生のみんな、青春は一瞬だよ。

ちなみに、「snow jam」の公式MVもとても魅力的でファーストテイクとはまた違った印象もあるので、ぜひ気になった方は聴いてみてくださいね。

Rin音の「snow jam」ほかオススメ楽曲も紹介

また、Rin音さんはTik Tokがブレイクの1つのきっかけでもあったということもあり「snow jam」ばかりフォーカスされがちですが、他の楽曲もオススメなのでぜひこの機会に聴いてみるのも良いと思います。

いくつかオススメ楽曲をピックアップしたので、ぜひ今回のMステやファーストテイクを機にRin音さんが好きになったという方の参考になれば幸いです。

Rin音 feat.asmi – earth meal

Rin音 – Cherry Blossom

Rin音 – Summer Film’s feat. クボタカイ, 空音

Rin音 – sleepy wonder

まとめ

ということで今回は、ファーストテイクで公開されたRin音さんの「snow jam」に対する海外の反応や日本ファンのコメントなどについて見てきました。

コロナ自粛や様々なニュースが流れていく日々の中で気落ちしてしまうことも少なくはありませんが、この時期を通して「音楽」の持つ可能性や意味合いに触れる機会が多かったように個人的に感じます。

今回のRin音さんの「snow jam」もまた多くのリスナーの耳と心を癒してくれたことは間違いありませんし、一発撮りだからこそ伝わる緊張感や感動がファーストテイクの魅力だなあと改めて実感しました。

towatari読者の皆さんもファーストテイクやRin音さんの楽曲、そして日常の中で音楽に触れてどのようなことを感じているでしょうか。もしよかったら記事のコメント欄などでも気軽にお教えくださいね。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事の感想はこちらから

コメントする



トワタリ編集部

「towatari(トワタリ)」は20代の編集部が等身大で情報を発信するWEBマガジン。10〜20代のティーン世代を中心に、世の中の若者たちがふと疑問に感じたことを解決するためにコンテンツを配信しています。ごゆっくりお楽しみください!



目次
閉じる